ナード アロマ・インストラクター試験対策(一次用・筆記) 勉強方法 その4

ナード アロマ・インストラクター試験対策(一次用・筆記) 勉強方法

過去の記事の【その1】【その2】【その3】はこちらからどーぞ

 

今日はちょっと順番を変えて、【5】学名の暗記カード作成を飛ばして

 

【6】学名、主要成分、固有成分をスマホで録音して常に聞く

 

でいきまーす。

【5】は次回にお話ししますよ。

 

 

みなさんは携帯をお持ちですか?

それもスマホですか?

 

私はかっこいいiPhoneでもなくクールなAndroidのXperiaとかAQUOSでもなく、

だーれも聞いた事がないようなAndroidです。SIMフリーですし。

(特にこだわりはないんですよね。ツムツムさえできれば。にぱっ。)

そんなスマホでも録音機能のアプリが標準装備であることを知ったんですね。

 

なのでスマホに自分の声で録音して、時間のある時に常に聞くということをしてました。

通勤時間、車で移動時、買い物時、家事をしながらとかね。

 

録音したのは以下の通りです。

 

学名(ラテン語読みと使われる精油名)

主要成分(例: モノテルペン炭化水素類 鬱滞除去作用 抗炎症作用 コーチゾン様作用・・・テルペン系 イソプレン2つ オレンジスィート グレープフルーツてな感じで関連する作用、骨格系とかその成分を多く含む精油など)

固有成分(例: モノテルペン炭化水素類 δ-3-カレン 鎮咳作用 サイプレス ブラックスプルース・・・てな感じで作用とその固有成分を多く含む精油など)

 

学名についてです。

基本は2つの単語が繋がった二名法です。最初に来る単語は共通なものが多いです。

例えばオレンジ・スウィートはCitrus sinensisと最初のCitrusは柑橘系の精油には付いているので、続くsinensisをなんとかオレンジにこじつけました。ゆっこオリジナルでね。

Melaleucaとつくものはフトモモ科か? カユプテとティートゥリーとニアウリシネオールについてる。じゃあ、次につく単語の違いで覚えっか。て感じでした。

ただし、学名のラテン語読みは精油名と連想できないものもあるのです。それはもうお手上げですわ。

なっかなか覚えられなかったのはクローブとかセロリ。なーんのつながりもイメージも湧きません。なので、ただ、ただ暗記です。

耳から入ってくる音で覚えるしかないっすね。

 

次に主要成分と固有成分についてね。ここは成分名と作用、主要成分では骨格系とその成分を多く含む精油を5つくらい。

前回のブログでは、書いて、声に出して覚えることを繰り返していましたという話をしましたが、今回は聞こえる声と一緒に声に出す事を繰り返すことをしてました。

 

でもぉ、まずぅ、自分の声を録音するのが・・・・

 

 

こっぱずかしい。

 

 

ここから私の恥ずかしい行動を教えてあげましょう。

 

家族が誰もいない時を狙い部屋にこもって、一覧表を見ながら読み上げる。

(別に一人なのだから、リビングでもいいじゃんねぇ。)

 

聞くのは自分だけなのに、ミョーに緊張してかむ。

 

録音し直す。

 

早く終わらせたいから、早口になる。

 

確認する為に聞く。

 

聞き取りにく〜い。

 

くぁ〜、自分の声、恥ずかしい。

 

録音し直す。

 

一行、読み飛ばしちゃったりする。

 

録音し直す。

 

上記のものを録音し終わるのに、かなりの時間を費やし、心臓ばくばくの時間を経験し、なんとか完成させました。

でも、ぐったりっすよ。

 

そして自分の声を改めて聞くと。

 

まぁ、恥ずかしい。

 

どうしたって、恥ずかしい。

 

なんでしょね、自分の声がイヤー!!!!

 

自分の声でインプットすることはいいことだというけれど、

恥ずかしいことが先行してしまった出来事でした。

 

でも、合格するにはそんなことを言ってらまれせん。

 

最後の方は自分の声を聞くことは、どーってことなくなりましたが。

 

 

 

あとね・・・

 

次男に無理やり「かーちゃん、頑張って」と言わせて録音しました。ウフッ。

 

だってさぁ、淡々と聞いているのもモチベーションも続かないし。

やっぱり刺激がほしいじゃん。

 

本人は言わされているとしても、かわいい息子の声で「頑張って❤︎」と言われたら、

かーちゃんは頑張れるっしょ。

 

めでたいモード随所に盛り込む私。

 

このくらいやったってバチはあたらんっ。

| ナード・アロマ・インストラクター試験対策 | 23:52 | comments(0) | - |

ナード アロマ・インストラクター試験対策(一次用・筆記) 勉強方法 その3

ナード アロマ・インストラクター試験対策(一次用・筆記) 勉強方法

過去の記事の【その1】【その2】はこちらからどーぞ

 

 

前回は精油の主要成分などをメインにお勉強していましたが、今日はもっと勉強の中枢部の話です。

この作業をたくさんやっていたと思います。

 

 

【4】テキストを問題化してひたすらノートに書く

 

緑色のマーカーを引いて、赤いシートをかぶせると緑色の部分が消えるのはみなさんご存知だと思いす。

100均でも売ってますね。

あれをインストラクターのテキストに問題になりそうな部分にマーカーを引いて、

それを問題にして、ひたすらノートに書いてました。

もうこの段階では綺麗にノートを作るなんて考えておりません。

 

書く 言葉に出す 書く 言葉に出す 書く 言葉に出す・・・

 

呪文? お経状態?

 

なんでもいいわ、覚えられれば。

 

これを繰り返してました。

 

そして書く筆記用具は鉛筆でもシャーペンでもなく、青いペン。

何かの記事で青色のペンで書くと、気持ちも落ち着く、冷静になれる、記憶力があがるとかなんとか読んだので、

私は青ペンを購入して使ってました。

一本キレイに使い切った時の達成感、気持ちよかったですヨォ。

 

あと「目でみるからだのメカニズム」(解剖生理の書籍ですね。)もテキストとして使用していたので、

ホルモンの流れのページなどをコピーして、主要な部分をマーカーして、

赤いシートをかぶせて・・・ということもしてました。

 

書く作業としては次のことも同時にしてましたよ。

筆記試験はほぼ記述なので、定義などはしっかり書けるようにしましたし、あとは器官の働きや免疫系の働きなどは自分の言葉で説明できるように書いてました。

アドバイザーで覚えたアロマテラピーの定義とかハーブウォーターの条件などは基本ですね。

私が書けるようにしたものは以下の通りです。全部ではないですよ。覚えている範囲でね。

 

・精油の禁忌と注意事項

・科目から該当する精油名 (逆パターンも言えるように)

・抽出部位から該当する精油名 (逆パターンも言えるように)

・肝臓の働き5つ

・腎臓の働き5つ

・骨の働き6つ

・骨格筋としての働き4つ

・セリエの一般適応症候群3つ

・キャノンの緊急反応6つ

・ストレスを受けた時のからだの中の動き

・細胞性免疫の流れと体液性免疫の流れ

・女性性周期

・各ホルモンの名前と役割、分泌場所

・神経細胞の図(樹状突起、髄鞘、軸索、ランビエの紋輪など)

・脳神経12対、脊髄神経31対

 

などなど・・・

 

あげればきりがないくらい、テキストの隅々まで問題として考えていたと思います。

 

とにかく書いた。声に出して書いてました。

書くことで「私、頑張っているじゃん」という気持ちにもなったし。

学生以来、ペンだこ作りましたよ。

それも可愛い〜って思えてました。

もう自分に酔いながらの試験勉強ですわ。

 

 

 

あと、久しぶりにノートを見返したらノートの余白に気持ちを上げる言葉がちょこちょこ書いてありました。

 

「できる」

「チョロい」

「海馬すげー」

「限界ない」

「絶対合格」

「インストラクターになる!」

「記入して記憶定着」

 

すごい、強気ですよねぇ〜

 

こんなのもありました。

ちと、恥ずかしいけれど教えちゃうわ。

 

「どんどん覚えてしまう。それも正確に。こりゃ確実に合格するわ、私」

 

なんてことも書いてありました。

 

ポジティブでメデタイ性格がよかったのかもしれませんねっ。

 

長くなりましたので今日はここまで〜

| ナード・アロマ・インストラクター試験対策 | 17:37 | comments(0) | - |

ナード アロマ・インストラクター試験対策(一次用・筆記) 勉強方法 その2

ナード アロマ・インストラクター試験対策(一次用・筆記) 勉強方法 その1の続きです。

今日は箇条書きでお知らせした私の勉強方法を少しずつお話ししますね。

まずは以下の3つです。

 

【1】 精油ノート作成

【2】主要成分、電子座標軸の図を冷蔵庫に貼りつけ

【3】見開き電子座標軸、精油分布作成

 

最初のとっかかりとして、精油を攻めていこうという気持ちでやってました。

 

 

 

【1】 精油ノート作成 (写真右上)

 

一緒に講座を受けていたお友達がExcelで作成してくれた各精油の円グラフ。

これに主要成分の名前や固有成分を自分で記入。それをノートに貼り付け。

空いているスペースには学名や抽出部位、禁忌や注意事項。

あとはその精油の特性や先生がお話ししたその精油の豆知識などを記入。

オリジナルの精油事典て感じですかね。

これは試験後も自分のバイブルとして使えたらと思って作り始めました。

 

ただ〜し、大きな声では言えませんが、最後まで完成はしないまま試験となりました。

なんせ本気モードは試験の一ヶ月半前からなので、丁寧にノートを作っている場合ではなくなったのでございます。

このノートの完成はこれからの課題です。

 

 

【2】主要成分、電子座標軸の図を冷蔵庫に貼りつけ (写真左)

 

ふせんに主要成分の作用を全て記入。

さらにイソプレンがいくつなのかとか、ベンゼン環があるのかとか、水酸基はついているかとかなども記入して、冷蔵庫のドアに貼り付けてます。

 

今もねっ。

 

冷蔵庫のドアの開ける頻度は主婦であればハンパないっしょ。

そのたびに読み上げたり、思いついた精油の成分はなんだったかなぁと考えたり、作用をブツブツ言ったりね。

 

電子座標軸の図も一緒に貼っていたから、場所も覚えましたよ。

これ基本ですからねー。

ここからですわよ、スタートは。

 

 

【3】見開き電子座標軸、精油分布作成 (写真右下)

 

これは講座の中で先生に作ってみてね、と言われたものです。

私はA4の紙を4枚繋げた大きさの真ん中に電子座標軸の図を貼り付け、

それぞれの主要成分、それを多く含む精油、オススメの症状時、禁忌を記入。

 

主要成分の作用の中にはダブるものも多いですよね。

例えば抗菌作用とか、鎮静作用とか。

そういうのはその作用の下にアンダーラインを引いて色分けしたり、

視覚的に分布しているところを覚えたりしました。

そうすると見えてくるものもあるんですよ。

例えば、抗菌系は座標軸の左側に多くて、さらに左下はその中でも強いなぁとか。

右上は抗菌系よりも鎮静系かぁとかね。

いるんだかいないんだか覚えにくい抗寄生虫作用とかもやっぱり視覚的に覚えられたり。

まぁ、このあたりはアドバイザーででも覚えていたところでもあるので、

この見開きの用紙は、隙間時間に見ながらブツブツつぶやきながら覚えてました。

 

はいっ、今日はここまで〜

この3つは入門編て感じでしょうかね。

 

とにかくブツブツ、声に出して覚えてました。

 

おかげで・・・というのでしょうかね、子供達も主要成分に関してはなんとなーく覚えちゃってます。

だから自分に炎症とか、痛みとかある時に「テルペン系アルデヒド類のもの〜」とかリクエストしてくるようになったのですよ。

 

子供の記憶力ってすごいわっ。

 

ということで今日はここまで。

続きはまたのお楽しみぃ〜

| ナード・アロマ・インストラクター試験対策 | 17:06 | comments(0) | - |

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--